政治家が集まる永田町

永田町駅は、東京都千代田区にある東京メトロ線を走っている駅です。

この永田町駅の作りは、1面2線からなる地下鉄の駅で、地下の階数によって走っている路線が違っています。

永田町駅は地下6階まであり深い位置にありますが、この深さは東京メトロを走っている駅の中では、3番目になります。

ちなみに1番が国会議事堂前駅で2番目が後楽園駅です。

この永田町駅の半蔵門線があるホームから地上に出るには、なんと218段も階段を上る必要があります。

永田町駅の利用者数は、2011年度で1日平均59379人です。

永田町駅の周辺には、都道府県会館があります。

この都道府県会館は、総務省が管轄している財団法人で、それぞれの都道府県は、中央省庁から情報を得たりしているのですが、その機関などがこの都道府県会館に入っています。

永田町駅からは5番か9番出口から行くことが可能です。

また、永田町駅の周辺には、国会議事堂や最高裁判所、参議院の議長公邸、憲政記念館などがあります。

このように永田町駅周辺は、国の政治に関わる施設や建物が多く存在しています。

良くニュースなどで永田町という言葉がでますが、これらの建物が集まっていることからニュースなどで取り上げられているのです。

光ファイバーとは