東宝の映画を見るなら有楽町駅すぐそばの演劇エリアで

有楽町駅は、東京都千代田区にあるJR東日本旅客鉄道が走っている駅です。

この有楽町駅の名前は、以前この周辺に織田長益の邸宅があったことから名付けられたそうです。

この織田長益は、遊楽齋とも言われていました。

JR東日本の有楽町駅は、2面4線からなる高架駅となっており、10時30分から15時30分までは、京浜東北線の電車がすべて快速運転となっています。

また、東京メトロの有楽町駅は、1面2線からなる地下鉄の駅となってます。

有楽町駅の利用者数は、JR東日本で1日平均162252人となっており、JR東日本を走っている駅の中では14番目に多い数です。

これだけ毎日多くの方が利用しているのですが、ホームが2つしかないために、毎日非常に混雑しています。

また、東京メトロの有楽町駅は、2011年度で1日平均147303人で、この東京メトロの駅の中では15番目に多い駅となります。

有楽町駅の周辺は、色々な施設がありますが、南西側には東宝の映画演劇エリアがあります。

ここには東京宝塚ビルや東宝シアタークリエビル、東宝日比谷ビルなどがあり、いくつもの映画館があります。

ここに行けば東宝の映画をほぼ見ることができます。

映画を見たいとなったら、有楽町駅の近くの東宝演劇エリアを訪れて下さい。

光ファイバーとは